ステビア
 一昨年、脱サラ農夫の友人Tから乾燥させたステビアの葉を頂いた。「噛んでみ、驚くほど甘いから」とTが言ったので、家に帰ってから噛んでみた。喜怒哀楽の緩やかな私なので、さほど驚きはしなかったが、確かにとても甘かった。
 ステビアは人工甘味料として使われるとのこと。人工甘味料?って何だ?と改めて疑問に思う。「自然の植物だから人工では無いんじゃないの?」と思う。で、広辞苑。人工甘味料とは「化学的に合成した甘味料」とのこと。よく解らないが、サトウキビのように汁を搾って煮詰めて作るのではなく、甘味成分を化学的に抽出するようなものだろうか。
 人工甘味料と言うとサッカリンとかチクロを思い出す。子供の頃、お菓子やぜんざい(沖縄風のかき氷みたいな)に入っていて、チクロは特に体に害があるという噂があった。その噂は正しく、チクロは1969年に使用禁止となった。サッカリンも体に害があると聞いていたが、広辞苑には「使用禁止」とは書かれておらず、「甘味料として用いる」とあるので、今でも人工甘味料として使われているのであろう。ステビアについては、体に害があるなんて噂は、ちっとも聞こえない。

 ステビア(Stevia):甘味料
 キク科の多年草 パラグアイ原産 方言名:なし
 ステビアは学名Stevia rebaudianaのSteviaから。私はその名前を数年前に知ったが、広辞苑にも記載があるところをみると、もっとずっと前からあったようだ。で、調べると、『沖縄植物野外観察図鑑』に「1971年に糖料植物として導入された」とあった。
 広辞苑に「人工甘味料の原料として栽培」とあり、『沖縄植物野外観察図鑑』に「葉には蔗糖の300〜390倍の甘味を持つ配糖体ステビオサイド他を10%ほど含有」とあり、確かに葉を噛んでみると、とても甘い味がする。
 高さは60〜100センチ。白い小さな可愛い花が咲く。開花期、沖縄では春から秋まで長く咲いている。甘味料として用いられる。

 花
 記:島乃ガジ丸 2010.8.28  ガジ丸ホーム 沖縄の草木
 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
inserted by FC2 system