ジャボチカバ
 「まず、これ、食べてみ」と脱サラ農夫の友人Tが、ブドウの巨峰のような色と形と大きさをしたものを、手に持った袋の中から1個出して、私の手の平に置いた。今年(2011年)4月下旬、Tの勤める八百屋へ野菜を買いに行った日のことである。
 食べると、味と食感はブドウだった。ただ、皮がブドウよりずっと厚い。
 「ブドウじゃないのか?」
 「ジャボチカバだ。」

 ジャボチカバの木はTの女房の実家の庭にあり、今(4月)実をつけているらしい。Tに頼んで、その家に連れて行って貰った。良妻賢母のご両親は優しく、ジャボチカバの写真を撮らせて貰った上、家に上がらせて貰い、お茶とお菓子を御馳走になり、ジャボチカバを御馳走になり、さらに、たくさんのジャボチカバをお土産として頂いた。
 頂いたジャボチカバを食べた後、種を取っておいた。先日その種を蒔こうと畑へ持って行った。10数粒あった。持って行って石の上に置いた。そして忘れた。ふと思い出したのは台風が過ぎた後だった。もちろん、種の全ては石の上から消えていた。
 「畑のどこかからある日ジャボチカバが芽生えるかもしれないが、ジャボチカバと知らずに引っこ抜いてしまうだろうな、俺のことだから」と諦める。
 実がたくさん着き、美味しくて、食べやすい(皮がとても剥き易い、種も除き易い)ので、ジャボチカバは現金収入用に有望な果樹だと思ったのだが、調べると、実生だと着果までに10年から20年以上かかるとのこと。生きているかも判らない未来だ。

 ジャボチカバ(Jaboticaba):果樹
 フトモモの常緑中高木 ブラジル南部原産 方言名:なし
 名前の由来、Jaboticabaは学名では無く英名、英名はおそらく現地語(ブラジルなのでポルトガル語)からきているものと思われるが、ポルトガル語はさっぱりなので、意味は不明。ちなみに学名は、Myrciaria cauliflora。
 幹の根元から枝の先までいたるところに直接花が咲き、実となる。花は小さく一つ一つはあまり目立たないが、幹や枝にびっしりとつく。色は白。開花期についての資料は無いが、私が見たものは3月から咲き始めたとのこと。開花後一ヶ月で実は熟す。
 ブラジルでは多く栽培されているらしく、いろいろな品種があるとのこと。果実は、文献には濃褐色とあったが、私が見たものは黒紫であった。大きさは直径2〜3センチ、色と大きさから1個1個を見るとブドウのように見える。また、少なくとも私が食べたものはブドウのような食感と味であった。果皮はブドウより厚い。
 高さは10メートルほど。生育環境は亜熱帯の湿潤地に適しているとのことで、沖縄の気候にも合っているが、個体数はごく少ない。栽培農家も無いと思われる。したがってスーパーや八百屋で果実が販売されているのも見たことが無い。

 花

 実
 記:島乃ガジ丸 2011.7.17  ガジ丸ホーム 沖縄の草木
 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行
 『花の園芸大百科』株式会社主婦と生活社発行
 『新しい植木事典』三上常夫・若林芳樹共著 成美堂出版発行
 『花合わせ実用図鑑』株式会社六耀社発行
 『日本の帰化植物』株式会社平凡社発行
 『花と木の名前1200がよくわかる図鑑』株式会社主婦と生活社発行
inserted by FC2 system