フヨウ
 琉球民謡に『戻り駕籠(ムドゥイカグと発音する)』という歌がある。雑踊りに向くテンポのいい曲。古い歌で、何度も耳にする機会があり、メロディーだけなら私も口ずさむことができる。歌詞ははっきり覚えていない。今、手元に資料も無い。が、確か、
 駕籠に乗したるチライナグ(美ら女) ウヌ齢(その齢)春ヌ若みどり(春の若葉)
で始まったと思う。その後の記憶があやふやで、はっきりしないが、最後は、
 昔ヌ楊貴妃 クリガヤラ(昔の楊貴妃はこれのことではないか)
となって一番が終わる。その間のあやふやなところに、美人を喩える意味でフヨウの花が出てきたのではなかったか。この歌のお陰で、私はフヨウの花が美人の喩えになることを知った。シャクヤクやボタン、ユリも美人の例えになることを知ったはその後だ。
 『戻り駕籠』は、元は小歌劇の題名で、『沖縄大百科事典』に記載がある。「駕籠担ぎの雲助二人が、駕籠に乗せた女の品定めで喧嘩になる。頬被りをしたままの女が仲裁し、その場は収まるが、女が頬被りを取ると、大変な醜女だったため二人は慌てふためく」といった内容らしい。民謡の『戻り駕籠』は、最後は3人で仲良く遊ぶといった内容。

 フヨウの花は、その大きさは派手だが、その白い色は清楚な感じがする。少女のような純真な心を持ったグラマーな女性ということであろうか。そんな女に会ってみたい。

 フヨウ(芙蓉):添景・花木
 アオイ科の落葉低木 原産分布は九州南部以南、沖縄、他 方言名:フユウ
 美人の喩えにもなる芙蓉だが、その名の由来、ガジ丸には不明。方言名のフユウはフヨウの沖縄読みだが、方言名は他にヌーユーナ、ヤマユーナなどがある。ヌーユーナは野のユーナ、ヤマユーナは山のユーナということ。ユーナはオオハマボウの方言名。フヨウもオオハマボウも同じヒビスクス属で、樹形や葉の形などはよく似ている。
 『沖縄の都市緑化図鑑』にはサキシマフヨウという名で紹介されている。ただのフヨウとサキシマフヨウの違いもまたガジ丸には不明。申し訳ない。同書に、花の色が「朝は白っぽく夕方にはピンクがやや濃くなる」とあるが、それがフヨウとサキシマフヨウとの違いなのかもしれない。写真のものは『身近な植物図鑑』のフヨウに一致する。
 広辞苑に「高さ1〜2m」とあるが、沖縄産のフヨウは2〜5mになる。浦添市の街路樹も高さは3m前後あった。暖かいと成長がいいのかもしれない。
 オオハマボウなどヒビスクス属の花はたいてい、朝に咲いて夕方には萎む1日花であるがフヨウも同じ。少しピンクがかった白色の花は10〜12月に開花する。

 花
 記:島乃ガジ丸 2005.11.20  ガジ丸ホーム 沖縄の草木
 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
inserted by FC2 system