リュウキュウマツ
 一昨年の春、渡名喜島を訪れた。その前年に島を襲った台風16号は、行ったり来たり迷走し、島の近辺に長いこと居続けた。その爪跡が、島のあちこちに残されていた。
 丘に登り原野を見渡すと、リュウキュウマツの高木(高さ10m前後)の枯れているのがやけに目立った。リュウキュウマツは防風・防潮にも使われるほど風にも潮にも強いといわれている樹木。台風にやられたのではないだろうと思った私は、
 「マツクイムシにやられたのですか?」と島の人に訊いた。
 「いえ、台風なんですよ」と答える。
 「マツは風にも潮にも強いはずなんですが、ここのは自然林じゃないんですか?」
 「ここのマツは全て植林されたものです。」
 植林されたリュウキュウマツが、渡名喜島の環境に慣れて十分にその根を張る前に、台風16号の強烈な攻撃を受けたのだろう。「その攻撃は強すぎる。あと10年、いや8年でもいいから待ってくれ。その時にはきっと耐えられる」と、リュウキュウマツは叫んでいたかもしれない。

 ふと、辺りを見ると、あちらこちらに高さ1m前後の、ナンクルミー(自然発生)のリュウキュウマツの幼木が立っていた。それらは移植された一世から生まれた二世たちだった。生まれも育ちも渡名喜島の子供たちだった。
 「渡名喜っ子のリュウキュウマツたちは、きっと島の環境に適した強い大人になるであろう。台風なんかに負けやしない立派なリュウキュウマツに成長してくれるであろう。」そんな内容のことを言うと、隣に居た島の人も深く肯いて、リュウキュウマツの幼木を眺めていた。

 リュウキュウマツ(琉球松):庭木・街路公園樹
 マツ科の常緑高木 分布はトカラ列島から与那国島 方言名:マーチ
 高さ20mほどにもなる大木で、街路樹、公園樹としてよく用いられている。大木にはなるが、庭木としても一級品。高さを抑えることによって民家の庭でも使える。良い姿となるためには庭師による毎年の手入れが必要だが、十分手入れされたものは美しい。代表的な主木候補。
 本島北部、今帰仁村の仲原馬場跡の松並木は見事。リュウキュウマツは、大木であれば手入れされなくても美しい。クロマツ、アカマツ、ゴヨウマツなどを用いた姿の良いマツはあまたあるけれど、自然樹形の美しさはリュウキュウマツが一番とウチナーンチュは思っている。
 近年、マツクイムシの被害が多く、ヤンバルの山には赤茶けたリュウキュウマツの姿が目立つ。

 花

 仕立物
 記:2004.10.29 島乃ガジ丸  ガジ丸ホーム 沖縄の草木
 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
inserted by FC2 system